FC2ブログ

プロフィール

Nami-o

Author:Nami-o
・RA患者
・O型
・かつて化粧品業界10年勤務で元エステティシャンでもある。
・ちょっとだけIT企業で事務をしていたことがある。
・猫好き


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リウマチブログ村PV


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:理学的なお話
さて、間が空きましたが、
前回に引き続き、リウマチの発症原因とも
いわれるストレスについて、考えております。

個人差はあれど、誰しも抱えているであろうストレス。
普通にOL生活をおくっていた自分のストレスは
なぜ、免疫異常を起こすまでに至ったんでしょ。

以前、理学博士より受けた講義を
元に、考えてみることにしました。

・・・・・。
ストレスには種類があり、欲求不満がストレスとなって
病を引き起こすまでには、3段階あるそうです。

1.警告反応期(緊張-ストレス)
2.抵抗期  (ストレス-不定愁訴)
3.疲労期  (不定愁訴-病)
        ※不定愁訴:自律神経失調症
 
たとえば、仕事で。
(※あくまでも自分が勝手に考えた場合です)

課長:「金曜の17時までに完璧に、この資料を完成させろ」
 私:「うわ~、間に合うかな。しかも完璧って・・」
   「私エクセル苦手なのに~」
   「そもそも、指示が遅いよ・・イラッ」
ってな事があったとします。

この時、私は緊張状態にありますが
「自己顕示欲」「自己承認欲」を満たす為に
苦手でも、エクセルと格闘して取り組みます。

そしてこの時の「指示が遅い、イラッ」というのは
「一時の感情的なもの」であります。

なので、仕事をやり遂げると
「よっしゃ、お肉でも食べよう」
「忙しかったから、いっぱい寝よう」
と、ストレスやイラッを感じても、栄養や休息をとることで
ストレスや疲れを解消しようとします。

これが、1の警告反応期だと思われます。
精神が緊張し、ストレスを感じているとき、
身体が、栄養や休息を欲していることに反応し、
自ら、必要なものを取り入れていくのです。

元気に働いている多くの方は
ストレスを受けた時に、上手に解消ができている、
ということなんでしょうかね。

または、
「金曜の17時までに完璧に、この資料を完成させろ」
という指示がでた時点で
「大変だけど、任せてもらえたんだ♪」「これもチャンス」と
ユーストレス(良い刺激)に捉えている
という場合もあると思います。

・・・・・・・・・。
うぅん、ストレスについて考え始めると、
長くなりそうですね。
第2、第3段階については、また次回、
考えてみようと思います。

・・・ん?
ここに食欲が満たされていない子が・・・。


食べたりにゃい・・。
mailgooglecom.jpg

君は食べ過ぎッツ!





にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

DATE: CATEGORY:理学的なお話
リウマチは自己免疫の異常が引き起こす病とされています。
で、なぜこのような事がおこるのか、未だ解明されていないそうです。

ただ、原因としてよく挙げられているのが

ストレス(Stress)!

・・・・・・・・。
んー。私はピンとこなかったんですよ。
だって、誰にでもあるものだと思いますから。

以前、エステの勉強の為、理学博士の講義を受けたことがありまして。
ちょっと復習してみたところ。

「ストレス」の語源は「外圧を受けてのひずみ」という物理学用語、
1935年にカナダの大脳生理学者、ハンスセリエ博士による
「ストレス学説」の発表により現在、心理学用語として一般化されました。

因みに、エステでは「皮脳同根」と言われ、
皮膚と脳は同じ細胞からできている=脳がリラックスできていると、
皮膚も良い状態でいられる、という考え方があります。

なので、美容目的のエステでも、空間やマナーに気を配るのは
お客様にリラクゼーションを感じて頂き、よりエステの効果を高める為
でもあるのです。

・・・、ちょっと話がそれました。

で、ストレスには。
大きく分けて2種類あります。

肉体的ストレス(疲労、暴飲暴食、強い光、騒音、熱さ、寒さ、細菌侵入等)
精神的ストレス(緊張、不安、悩み、恐怖、怒り、悲しみ、焦り、うつ、疲弊、あきらめ
        イライラ、強迫感等)

例えば、化粧品などで「肌ストレスを緩和♪」と謳っている製品は
紫外線等(という外的ストレス)からお肌を守りますよ♪という意味なのです。


で、このストレス、まず
ユーストレス(良い刺激)とディストレス(苦悩)と分けられます。
例として前者は「新作映画を観賞する」とか「初めてのお店に行く」とか
「企画書が通ったから、頑張ろう!」とか前向きなドキドキ感、
後者は言わずもがな・・です。

で、これらには自己の欲求が関わっているようです。
それが、
生理的欲求(空腹、のどの渇き、排泄、眠気、暑い寒い)
社会的欲求(自己顕示、自己承認、優越感、物欲、独占欲、名誉欲、支配欲)
の2つです。

つまり、この「欲求」が満たされていないと「欲求不満」となり、
いわゆる「ストレス」状態に突入するわけです。

だが、しかし。
誰もが感じている(であろう)何らかのストレス。
このコントロールが難しい。
やっぱり、ストレスにも段階があります。
これが、MAXの段階までいってしまうと・・
病を引き起こすようです。

リウマチの発症原因はストレス、といわれても
外的、内的要因と、両方からアプローチするほうが良さそうだな。
と、思っています。

次回は、ストレス段階について考えてみようと思います。

時間はあるんで・・・。





てへ









にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活 - ジャンル : 心と身体


copyright © 2019 リウマチとともに、生きるということ。 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。