プロフィール

Nami-o

Author:Nami-o
・RA患者
・O型
・かつて化粧品業界10年勤務で元エステティシャンでもある。
・ちょっとだけIT企業で事務をしていたことがある。
・猫好き


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リウマチブログ村PV


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ハーブティー・お茶
先日、お仕事の関係で
アロマテラピーの先生と
お話する機会に恵まれました。

ここでも、やっぱり
私のリウマチは、ほんのり
先生の耳にも入っていたようで・・・。

関節痛や関節リウマチの痛みに
働きかけるというアロマを
教えて頂きました☆

私の治療ポリシー(?)は
薬をしっかり使う!
主治医にしっかり相談する!
ことがメインであることに
ブレはないのですが・・・。

もうちょっと、気休めというか
楽しみながら、取り入れられて
ケアできる方法がないかなぁ、

と思っていたところでしたので、
ナイス☆タイミング!

例えば、疲れたら、
リポ〇タンDを飲んだり、
肩こりがひどければ、
サロン〇スを貼ったりしますよね?

根本解決にはなりませんが、
このような感覚で取り入れられる
ものに興味があったのです。

      ☆☆☆

(※あくまでもNami-oが
「こういう話を聞いてきたよ」
というだけのお話です。)


先生によると、
関節リウマチには
「ローズマリー」が適しているとか。

使い方としては
バスソルトとして、入浴に、

又は、キャリアオイル
(オリーブオイル、スクワラン、ホホバなど)
と混ぜて、痛む関節部分に塗る
という方法があるそうです。

これなら、手軽っ。

ローズマリーのエピソードとしては

昔、ハンガリー女王:エリザベートⅠ世が
70歳を過ぎ、リウマチ発症した際に
(本当のリウマチかは不明)
ローズマリーを用いてケアしたとか。

また、美容面ではエイジング効果が
高く、ローズマリーでスキンケアした
この女王は70歳過ぎても
プロポーズされていたらしい。

ただ、女王のローズマリー水は
現代と作り方が異なりますので
あくまでエピソード、ですけど。

ちなみに、こちらがバスソルト。

↓いい香り~♪
2013-12-15-20-41-01_deco_convert_20131215212425.jpg

ガーゼやお茶バッグに
入れて、浴槽に入れます。

※作り方
粗塩にローズマリー、レモン、
フランキンセンスのエッセンスを
混ぜるだけ!


満月の日に使うと効果UP!
とのことでしたので、

明日です!!

リウマチ回復になるのなら
もはや、月までも利用します(笑)

薬の治療も大切ですけど、
気軽に・手軽に・気休め?
もしていこうー!と思っています。

ついでに、しわ取りも、
目論んでます・・・。

ふふっ・・・(-"-)

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村
☆お読み頂き、有難うございます。
コメントも嬉しいです♪
☆ポチッと応援↑↓頂けると、
張り切ります。
スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活 - ジャンル : 心と身体

コメント

楽しい治療☆

いいなぁ、素敵。
肩の力がフッと抜ける治療ですね(^-^)
それにしても、70才過ぎてプロポーズされるとは…!強者ですね(笑)。
私はローズマリーオイルで、今一番痛い腰&背中をマッサージしたいです。
そんなリハビリないかなぁ。

退院、白紙になりました。
痛みがひどくて、ベッドの上でもろくに生活出来ずに、激痛発作の時にはトイレも車椅子でお願いしたり、身体を起こせないので、ご飯が食べられなかったり…。
なので、こんな状態で家では生活出来ないので、入院継続になりました。

入院の担当医も、この頑固な痛みには困っているようです。

でも、私がやれることは、リハビリと食べれるときは食べること、出来るだけ気を楽に持つこと、だと思って頑張ります!

>にゃんこさん
こんばんは。
ローズマリー、いいですよ☆
アロマ全身マッサージは、ストレス緩和には
一番向いていると思います。

しかし、痛みが相当なのですね・・・・。
PCは打てますか?無理されないでくださいね。
今はリウマチが燃え上っている時期ですね、
はやく鎮静させたいですね。

痛みは、本当に、本当に辛いです。
でも、絶対ずーっとは続きませんから!

体力が落ちないように、可能な時は
栄養をとって、ゆっくり安静になさって下さいね。

早く、痛みが治まりますように・・・・。
心からお祈りしております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 リウマチとともに、生きるということ。 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。