プロフィール

Nami-o

Author:Nami-o
・RA患者
・O型
・かつて化粧品業界10年勤務で元エステティシャンでもある。
・ちょっとだけIT企業で事務をしていたことがある。
・猫好き


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リウマチブログ村PV


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:つぶやき


ふと、思った。
というか、
こうだったんじゃないかな、
と思ったことがある。

昨年の記事でお話しさせて
頂いた、友人・さえちゃんのこと。
コチラ→私の十字架

大学時代の友人、
さえちゃんは、大学3年の冬に、
重い病が見つかった。

26歳で帰天するまで、
病院で長く過ごした。

だけど、さえちゃんは
お見舞いに行っても、
手紙でも、電話でも、
いつも明るくて、他愛も
ないハナシを好んだ。

病状について
教えてくれることはあっても
それはいつも冷静で、
淡々としていた。

彼女からは
病気についての辛さ、苦しみ
不安、恐怖は、1回も、
ただの1回も聞いたことがない。

本当は、その思いで
毎日ひとり、泣いていたのかも
しれないけれど。

     ☆☆☆

私は、さえちゃんが
いつも明るく振舞っていたのは、
「心配をかけたくない」とか
「暗い雰囲気になるのが悪い」
とか、気を遣ってくれての
ことだと、思っていた。

今まで私は、本気で
そう思っていた。

さえちゃんは、大学でも
いつも周りに気を配れる優しい
しっかりした女性だったから。

      ☆☆☆

だけど、最近思った。

もしかしたら、さえちゃんは。

私達と会ったり、話すときは
「心配をかけたくない」
「暗い雰囲気になるのが悪い」
という心ではなくて、

「みんなと楽しく過ごそう」
「私は変わらず、みんなと
 楽しみたいよ」

って、そういう気持ちだった
んじゃないかな・・・・。

と思った。

「重い病で、だけど
 明るく振舞って・・・」
という言葉だけ聞くと、
なんだかドラマチックに
聞こえてしまうけど、

そうじゃない。絶対。

さえちゃんは、単純に
ただ、みんなとの時間を
大事にしよう、自分も楽しもう
って思ってただけなんだ。

と、思った。

病気を持つ人間は、皆かわいそう。
辛い顔を見せずに、闘病している
のは、気を遣っているから。

とか、思っていたあの頃の
自分が恥ずかしい。

本当に、恥ずかしい。

たとえ、病気でも
その病魔はその人らしさを
全て、奪えやしない。

だから、さえちゃんは
決して、病に負けてはいなかった
のだ。

      ☆☆☆

病気ってさ、
それだけで、他人にも
気を遣わせるし、
打ち明ける本人も、
気を遣う。

だけど、
病気だから、こうだろう、
ああだろう、って他人が
決めつけるのは、
慮るを通り越すと、
おこがましいことかもしれない。

だから、もしかしたら、
大事なことは。

共に生きて、過ごしている時を
互いに大切にすること、
なんじゃないかな。

と、思った。

     ☆☆☆

さえちゃんとは、
もう会えないけど、こうして
今も時々、色々なことを
教えてくれる。

だけど、やっぱり
会いたいな。

一足どころか、
二歩も100歩も、
早く行き過ぎだよ。


にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村
☆お読み頂き、有難うございます。
(^^♪コメントも嬉しいです。
☆ポチッと応援↑↓頂けると、
張り切ります!
スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活 - ジャンル : 心と身体

コメント

かつて闘病ブログを書いていた若いママさん。
すごい人気ブロガーでしたが、記事はいつも自然で明るくて気負いがなかった。
亡くなる直前まで、家族や友人、読者を笑わせてた。
彼女が人を惹きつけたのは、死を恐れていないとか頑張ってるけど出さないようにしてるとか、そういうことじゃないと感じてた。

Namiさんのこの記事を読んで(前の十字架の記事も覚えています)思い出しました。
Namiさんが彼女をこう思えたこと、きっと喜んでくれてると思うよ。
いや、その過程も。

嘆きは嘆きを呼ぶ。
愚痴や弱音は聞き苦しい。
前向きな言葉は人を前向きにさせる。
暗いことばかり言ってしまってたころ、叱咤激励の意味でこう言ってもらったことがあります。

背筋が伸びるような記事を、今日もありがとう!




うん、かもしれませんね。

わた私もこの記事を読んで思い返しました。
私の友人で20代前半で交通事故にあった友人がいます。
重い脳機能障害と身体障害を負いました。
脳機能障害のために、彼女は私の知っている彼女ではなくなりました。
幼い幼い子供のようになりました。
でも彼女は、私が会いに行くと、笑い、「リハビリ頑張るぞー」「結婚するぞー」と楽しそうに話し、カッコいい病院スタッフについて談笑しました(言葉がうまく話せないので、ゆっくりゆっくり)。
たまにはパニックになることはあっても、基本明るく前向きだった。

Nami-oさんの記事を読んで「あー、彼女も一緒に時間を楽しみたいと思ったのかな」と思いました(o^-^o)

優しい記事をありがとうございます☆

オハヨウゴザイマス♪

残念にも、不幸にも、まだ若いのに、これからなのに、本当に良い人なのに、、病に倒れてしまう方が居られますが。。やはり神なんては居ないのでしょうか。。って、その度々思って来ました私。運命だか宿命だか?腑に落ちませんよっ!意味があるのですかね病気、なぜあるのですかね?あと人を助け命を奪われた方もいれば、人をあやめてまで金を欲しがる奴もいたりで。。悪人が長生きしたり善人が薄命だったり。。お友達は色々意義がある生きる在り方を未だに考えさせてくれる功績を残した去り方をなさったと思います。
※頭回ってません・・・意味不明な駄文につき主旨が伝わらないかもでした・・

こんばんは☆

>みよっちさん
遅くなりましてすみません。
いつも有難うございます(^^♪

どうしても病気だとか、苦労が多いとか
そういうフィルターを通してしまうと
〇〇なのにエライとかそういう思いに
なってしまうわけで。

もちろんご本人は陰で色々抱えておられる
でしょうけど、でも、結局はその人の持つ
魅力そのものがあるからこそ、
私達も惹きつけられるのかもしれません。

さえちゃんも、笑ってくれていますかね(笑)

負のスパイラルより、
笑顔の連鎖、いいことはウツる!と
思っていたいですね。

よくわからない内容になってしまいました。
すみません。
でも、負のオーラは発したくないです(笑)

こんばんは~

> にゃんこさん
遅くなってすみません(T_T)

貴重なお話、有難うございました。
病気があると、どうしても
それが先にくる見方をしてしまいがち
ですが、一緒に過ごすときは
互いに気持ちよく、楽しくすごしたい
のは同じなハズですよね。

これからも、お友達と笑顔で
バンバンお話してくださいね!
イケメンスタッフ、いいな~(笑)

引き続き、お大事にね(^_-)-☆



こんばんは。

>あつこさん
朝早くから、有難うございました。

病の理不尽さとか、悔しさとか
考え始めるとキリがないのですが
それを受け入れて、その先どうするかを
決めるのが最も難しく、辛いと思います。
でもそれが最善の道だと考えるように
なりました。

仰って下さったように、
彼女はいまも、こうして私に
色々気づかせて、教えてくれるんですよ。
きっと、他の友人達も、同じように
思っているのではないかと信じています。

引き続き、お大事になさって下さいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 リウマチとともに、生きるということ。 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。